ついに2010年!
2010/01/01 00:00
LUNA SEAが終幕したのが2000年12月27日なので、今年の年末には丸10年になるわけです。
なんかないのかな。
なんもないのかな。
2007年12月24日の一夜復活は想定外だったけど、
本当に復活するなら2010年12月27日ってのはいいんじゃないかなーなんて。

ただ、SUGIZOはXやってるからなぁ。
掛け持ち状態でLUNA SEA復活はやらないだろうと思う。
Xの有終の美まではLUNA SEA復活もないのかな。
ただ、Xが有終の美に向かって加速してるなんて書いてあったりするけど本当にそうかな?
YOSHIKIはメディア戦略とかうますぎなので、結局終わるかも終わるかも詐欺的に続きそう。
Xのファンだって続いてくれたほうがいいに決まってるわけで。

そうなるとLUNA SEAはどうなるんだと(笑)
なかなか音楽業界も体育会系だよねってことになってしまうのかな。

それと、SLAVE。
ぷっつりとLUNA SEA FILM やらなくなったけど、今年はあるよね?
もし今年復活がないのなら、12月にFINAL ACTの映像流すのも悪くないと思う。
2007年に一夜復活してるからこそ言えることなんだけど。

2007年は8月に謎のカウントダウンがあったから、
同じ感じで何かあること祈ろう。
東京ドームのスケジュールも確認したい。けど先過ぎて見れないんだよね。
やるならもう予定入ってるだろうけど。
LUNA SEA ドキュメント写真集&ライブDVD
2008/03/26 14:28
昨年12/24に行われた通称ONDのライブDVDを昨日買って来ました。
 

ライブDVDだけ買うつもりだったんだけど、隣に先日発売していたドキュメント写真集が置かれてて「あぁ…これは買えってことだな」と買ってしまったwww


ちなみに、ベストアルバムも同日発売しました。
これはONDで新規ファンになった人向けかなぁとか思う。

リマスタされてるから買う意味はあるといえばあるんだけど、去年オリジナルアルバムがリマスタされてるしまぁいいかなと。
これまでに一度もリマスタされてない楽曲はClaustrophobia、SLAVE、FALLOUT、TWICEの4曲なんだけど、
このベストアルバムにSLAVEが入ってるので未リマスタ曲は3曲となりました。
個人的にはSLAVEの為に買うかどうかってとこかな。


そしてそして、平日は時間無くてDVD見る時間も無いんだけど、DVD初回版が欲しかったからフラゲで買ってきた。
NHKで長さなかった曲とWISHのマルチアングルをちょろっと見た。
休みにじっくり見ます。

ちなみに初回版は1月中に予約した人だけのはずだったんだけど何故か店頭に置いてあった。
初回版はWISHのマルチアングルバージョンが特典映像。
ずっと真矢のドアップのドラムが見れたりしますw
正直ずっと真矢ってのは笑っちゃうんだけど、ドラム習ってる人にとったらいい映像だと思う。
バスドラまではちと分からないけども。

販売元がavexだから、マルチアングルがメンバー誰か一人の買ってからのお楽しみみたいなことし出すんじゃないかと心配したけど、
そんなファン怒らせるような商法取らなくてよかったっすwww

NHKで流さなかったJESUS。
これやばいわぁ。めちゃくちゃいい。
復活ライブの1曲目予想でLOVELESSじゃないならJESUSって思ってただけに。
イントロがドラムから始まってギター→ベースと順々に音が重なってくから、それに合わせる形でメンバーが演奏しながら登場とか妄想してたw


それと冒頭で触れたドキュメント写真集。
4000円はちょっと高かったけどそれなりの価値はあるかな。
かっこいいと思うし。
ちょっと貼りすぎと思うけど写真撮ったの貼っておきます。
オレの手が写ってるのはご愛嬌で(´∀`)
 

 

 

 

 

 

 

CDでーた
2008/02/21 19:08
今店頭で売ってるCDでーたの表紙がLUNA SEAで、
インタビューもあるので気になる人は読んでみて下さい。


7年ぶりの、"LUNA SEAのメンバー"としてのインタビューがあり、
各メンバー2ページづつ使ったインタビュー。
ライブのレポートをいれて、全部で計16ページ。


それから表裏ある特大のポスターもついてます。
まさにLUNA SEAづくしw
 

このインタビューLUNA SEAのメンバーとして答えてるのでそれが懐かしかった。
RYUICHIが、河村隆一とRYUICHIを分けて考えてた理由もよくわかった。
彼いわく河村隆一でRYUICHIと同じことをするのは嫌だというのがあったようで・・
これって普通じゃないよね。
普通ならバンド解散とか停止とかしてもボーカルってのはバンド時代とそうは変わらないことやるじゃない?
だってその方がバンドの時のファンを囲めてしまえるから。(楽に売れるから)
こういう、わざわざ違うことやるってのがRYUICHIらしいではなくLUNA SEAらしいって思ってしまった。

あとSUGIZO、一番彼の言ってることってのがピンとくるというかよくわかる。
終幕以降、LUNA SEAの看板が邪魔をすると思っていたこと、それによって大きく否定してしまっていたこと、
でもそれもある種自分への思い込みみたいなもので、一気に雪解けしたかのようなこと、
彼は完璧主義者ゆえに、周りがなんで?ってところでずいぶん悩んでいたようです。

で、なぜかINORANの言ってることっていつもオレはよくわからないというか掴みきれないw
これはなんでだろう。
たぶん友達に居たら話噛み合わないタイプなんだろうなとか思ってしまった。


来月はライブDVDと、ドキュメンタリー写真集も出ます。
ドキュメンタリーってことなのでこれは買うかもしれない。
LUNA SEA GOD BLESS YOU 〜 One Night Dejavu 〜 遅レポ。
2008/02/04 22:19
LUNA SEA
GOD BLESS YOU 〜 One Night Dejavu 〜
TOKYO DOME 2007.12.24

01.LOVELESS
02.Dejavu
03.JESUS
04.SLAVE
05.END OF SORROW
06.TRUE BLUE
07.FACE TO FACE
08.gravity
09.RA-SE-N
10.Providence
11.MOON
- Drum solo&Bass solo-
12.FATE
13.BREATHE
14.STORM
15.DESIRE
16.TIME IS DEAD
17.ROSIER
18.TONIGHT

ENCORE1
19.I for You
20.White Christmas(カバー)
21.IN MY DREAM (WITH SHIVER)
22.BELIEVE

ENCORE2
23.MOTHER

ENCORE3
24.PRECIOUS...
25.WISH


年末のLUNA SEAのライブに行ってきました。
土日には、元旦に再放送したこのライブの模様をようやく見れました。
すでに約1ヶ月経過。
世の中で一番遅いライブレポートがようやく書けました。。。
レポートというよりはどう感じたかの感想に近いかもしれないけど。


終幕した当時(2000年)、オレにとってLUNA SEAは生き甲斐で、全てで、いつも傍に居て、毎日の支えみたいなものでした。
だから、これからどうしていいか、この先どう進んでいけばいいかわからないくらい、周りがどうでもよくなったりもしました。
でも、メンバーの選択だったから仕方ないと思ったし、受け入れるしかなかったです。
この気持ちっていうのはずーっと変わってないです。


終幕した日(12/27)は、毎年ドームまで足伸ばしてました。
別に何かあるわけでもないし、たまたまミスチルがライブやってた年もあってライブ後の客にまぎれてしまったこともありました。
こういう儀式的なことしてないと、自分をうまく保てなかったというかなんというか。。。
ファンクラブのSLAVEも終幕以降も入り続けていて、これも繋がってるものがあるなら切りたくないっていうそんな理由からです。


きっと大切な家族や恋人、友人などが亡くなって、毎年命日にお墓参りするようなそんな気持ちとたぶん変わらないです。
なんだか書いててメンヘラっぽいんだけど、それくらい自分の人生の中で、でか過ぎることでした。


だから、去年の夏に復活と聞いた時はうれしくもあったけど微妙な思いはありました。
一夜の復活だったら復活しなくていい。復活するなら完全復活でって思ってました。
でも一夜でも見たい自分も居て。。
もしかしたら空白の7年間を埋められるような気がしたから。


こんな感じだったので、オレは「LUNA SEA復活!イエェェェエェィィイイ!」みたいな気分で行ったわけじゃないです。
かなり、ネガティブな気持ちで行きました。
ライブ終わった後、どんな感情になってるかそれが一番怖かった。
また終幕の時みたいに、ドーム出口で座り込んで泣いてるファンの姿見ることになるのかなぁとか・・。


当日、開場は16時、開演が18時予定でした。
ドーム付近に着いたのが17時頃で、車で来てたので駐車場探しに奔走して結局どこも満杯。
しかたないので、道路脇にある60分のチケットパーキングに路駐覚悟で駐車しました。
職場が水道橋なので、駐車場の候補は頭入ってたんだけど、「まぁ最悪路駐かな」って思っててそうなってしまいましたw
イブってこともあって随分混んでた。(奇跡的に駐禁は取られてなかった(゚∀゚))


で、ドームの中に入ったのは18時ギリギリ。
でも結局1時間押しでした。
こういう時って、自分が席離れた時に限って始まる予感がして、離れるに離れられず2ちゃんで実況しながら待ってたww


19時前になって、SEが月光(99年お台場でのライブで使ったSE)になって客電が落ちて、
モニターに4桁の数字がピコピコピコピコという感じでシャッフル。
数字が2007に変わって、LUNA SEAのロゴが前面に押し出された表示に。
歓声もウォーーーーーとキャーーーーーーーと入り混じった感じで。
ステージはスモーク焚かれてて、、、「やべ・・・ほんとくるっ!」とw
LOVELESSのイントロが流れてきて、心臓バクバクで、、、INORANのアルペジオが始まって、
一気に全身サーッと鳥肌立って、RYUICHIの歌い出しで目が潤んで涙溢れました。
歯食いしばってるのが大変だった。男でえんえん泣くわけにはいかないので。。


涙は出てきたけど哀しいじゃなくてやっぱ嬉しかった。
「なんだ。7年前と何一つ変わらないじゃん。まぎれもなくLUNA SEAだ。」と。
なんかもうこの時点でネガティブに考えてことなんて吹っ飛んでしまった。



RYUICHIは、途中までサングラスかけてて、最初のMC途中・・「2007年12月24日・・・」まで言ってサングラス取りました。
嫌味なくらいRYUICHIらしくてかっこよかった。
正直なところ、今回のRYUICHIは不自然なほどファンが求めてるRYUICHIを演じきったと思う。
あんなRYUICHIはもう見れないと思ってた。
あの日だけでもLUNA SEAとしてのRYUICHIで居てくれたことに、ありがとうって言いたい。


そしてちょっと脱線してしまうけど、RYUICHIの髪型と衣装。
これもいつになくセンスあってかっこよかった。髪もくるくるしちゃってないし衣装もださくなかったw
いつもバンドのフロントマンとしてどうなの?って思ってたから。
それからこれももうありえないくらいの神がかってた歌唱力。
なんで?っていうくらい7年前とは比較できないほど歌唱力があがってた。
音域は広がってるし、声量も増えたと思う。
音域に関しては、ソロもビヨンもLUNA SEAよりキー高いのあったから当たり前かもしれないけど。

一番すげーとおもったのがI for Youの間奏での声がめちゃくちゃ伸びてて、SUGIZOのギターソロの始まりまで声が掛かってた。
ちなみにここの部分て、昔、特にTVだと全然声出てなくてやっと出せてる感じのところ。
だから声出てるだけでも「おっ」と思ったのに、恐ろしいくらいの伸びで驚いた。
それと、よくいわれるねちっこさがほとんど無くて、河村隆一ではなくRYUICHIの声に近かった。



それから演奏面は、特に真矢かな。
これは音響のせいもあるんだろうけど、めちゃくちゃ音がでかくて良かった。
バスドラが全身に響いてすごいでかかった。
ただ、同じリズム隊のJのベースがオレの位置だとあまりよく聴こえなかったかなぁ。


でもこの二人がかなりしっかりしてて、特に真矢のリズムが正確というか走ることが無くて。
この二人の支えがあるからLUNA SEAの演奏は安定してるんだなって思う。
特にSUGIZOみたいなギタープレイはこの支えがあってこそ生きると思うし。
そして、LUNA SEAじゃないとSUGIZOは輝けないとも思った。
SUGIZOはこのバンドであの位置に居ることが一番似合ってると思う。
他のメンバーより1番にそう思う。オレがSUGIスレだからってのも置いといてもね。


あとINORANはけっこう間違えてたw
特にWISHは酷いなぁとも思ったけど笑顔だったからなんか和んでしまったw
Jも安定してるとは今言ったけど、ところどころでは間違ってたw
SUGIZOがギターソロでもほとんどはずすことなかったなぁ。
真矢とSUGIZOは隠れて練習してきたんじゃないかと思うくらいw
RA-SE-Nの後半は今回のライブでもよかったなぁ。
SUGIZOのギターとRYUICHIの絡み具合が。


で、ライブレポートといっても、1曲ずつどうのこうのとかは書けないのでいくつか。
END OF SORROW聴けたのはうれしかった。
終幕の時にやらなかったから、オレは99年お台場のCAPACITY以来。
しかも、声がSTYLE時代に近いナルっぽい声だったのでよかったと思う。



それから、一番好きなgravity、これはまた涙溢れた。
ただ、イントロのアルペジオのギターの音が違う。。
INORANが意図的にエフェクター変えてたのかな?歌い出しからのアルペジオではクリアトーンなのにな。
イントロのフレーズもクリアトーンの方がいいんだが。
とはいってもこの音もよかったけどw



あとはBREATHE!これはセンターステージでやりました。
98年の12/23,24 END OF PERIODのライブと同じです。
これも涙出ました。もう泣いてばかりですが泣いたのはLOVELESS入れて全部で3曲ですw



ほか気になったのは、ROSIERのサビでRYUICHIがワンテンポの半分くらい入りが遅い気がした。毎回。
CDと比べてテンポが遅いせいだろうか。



あとこれもRYUICHIだけど、TONIGHTはきつそうだった。
顔真っ赤になって声振り絞ってたからけっこう辛かったんじゃないかと思った。
でも一旦ステージ下がってアンコール一発目でさっき書いたI for Youをすごい声量で歌ってるからRYUICHI計り知れないとも思ったw



きよしこの夜。
これ初めてライブ行った人は感動したんじゃないかな。。
アンコール前に客席でファンが大合唱するんだけど。
女性比率の方が多いから、すごい綺麗な合唱になる。
初めて聴いた時のこと思い出してその時はすごい感動したし、今回やって非常に懐かしい気分になれました。



「いつか、どこかの空の下でまた逢おう」
最後にRYUICHIが言った言葉です。
これは言葉濁すなぁとちょっと思った。
でも、ライブ終わって、ライブ前のネガティブだった気持ちはほんとに吹っ飛んでしまった。
なんでかっていうと、メンバーが今回のライブかなり楽しそうにやってたんだよね。
だから、「これで終わり」みたいな終幕の時の悲壮感は全然感じなかった。
なんていうか、ネガティブになってた自分がバカじゃんて思うくらい。
またどこかで逢えること楽しみに待っていようと思う。
今回のライブは、今だから感じるけど一夜限りでもやってくれてほんとよかったと思う。
自分自身何かのきっかけになれたらと思う。



それと、1/14の日記で「LUNA SEAのブランド化」って言葉使ってたんだけど、
あれは今回のライブの中身にも言えることなんでちょっと付けたしときます。


今回のライブで一番目奪われたのが、ステージのセット。
いろんなアーティスト見た人から言わせたらなんてことのない、
むしろこじんまりしたセットじゃんとかなんだけど、LUNA SEAとしてはすごくかっこよかったと思う。
照明がたぶんLED使ってるせいで、完全な白の照明を使えてて、これがステージのかっこよさに繋がってた。
時代のせいはもちろんあるとは思うけど、終幕の時ってのはちょっと黄色い照明で、当時の映像見るとそういう部分で古臭さを感じてしまうのね。
でもその当時でも、例えばラルクとか他のV系バンドとか少なくともステージに力入れてるバンドは、かっこいいステージやってたと思うんだ。
ようやくこの辺りのレベルのステージになったかなってちょっと思った。


それと、RYUICHI。
さっきも書いたけど、外見を気にしてくれてよかったと思う。むしろ、スタイリストさんGJってとこなんだろうかw
MCの言葉も、歌唱力もだけど、今回のRYUICHIはほんとかっこよかった。
やっぱバンドのフロントマンていうのはそのままバンドのイメージに繋がるからすごく重要だと思う。
今回のライブっていうのは、初めてLUNA SEAを見る人も多かったと思うし、変なイメージがついていた人も居たと思う。
それだけに、今回、LUNA SEAの価値を守ったというか「LUNA SEA =かっこいい」という図式をもう一度作り上げたような感じがする。
DVDもリリースされることは当然の決定事項だったはずだし、この先LUNA SEAを知らない人が初めて触れる媒体になるかもしれないだけに、
かっこいいって思える映像を残しておくことは大事なことだと思う。


どうしてこんなこと言ってるかっていうのは、
やっぱ「河村隆一」というのでずいぶん世間からしてのLUNA SEAのイメージが壊れてしまったって思ってたから。
だから、今回のRYUICHIはすごく神がかっててもうこんなRYUICHI見れないんじゃない?ってくらいすごかった。
最初にも書いたけど、今回はずいぶん造って演じてたと思う。RYUICHIは。
でもそれでいいんだと思う。だってバンドだもん。バンド始める最初の理由ってそこじゃんって思ったからw



この超長い文章、最後まで読んでくれた人ありがとう(´∀`)
LUNA SEAの未来
2008/01/14 07:14
年末のライヴ行ってきました!
感想はまた今度書こうと思う。

5時間前くらいにNHKで今回のライヴについてのドキュメントを流してたんだけど、個人的にはこれで終わりじゃないなって感じた。
なんとなく・・・今はそれに向けて存在価値高めてるなぁって思った。

なんていうか、着々とLUNA SEAのブランド化がうまく進んでると思う。
終幕したタイミングも売れなくなる前でいい選択だったと思うし、7年で一旦復活したのも世の中に完全に忘れ去られる前でベストだったと思う。
今回いきなり新譜を出さなかったのも今までの記録を汚さずにすんだし、逆にライヴはドームでやれて記録を一つ増やせた。
これも1日限りだったから達成できたわけでうまい。
イメージ戦略も情報を小出しにした徹底したロゴ中心の宣伝はよかったと思う。

数年後か、もしくはタイミングをはかってるのか、何かでかいプロジェクトが進行してるように思う。
今回のライヴはそれの一部のようなものに感じる。
RYUが口にしたように日本のローリングストーンズになるべく、今は存在価値を高めてるような気がしてならない。
リニューアル
2006/05/29 21:50
LUNA SEAのサイトとして生まれ変わりました。

現時点でやり残したこと
・DISCOGRAPHYにソロ以外を追加
・カウンターのプログラムの自作

まぁ忙しいのでなかなか更新も出来ないと思うけどよろしくです。

そして今日でLUNA SEA 17周年!
個人的には、何とか周年っていうのは活動中の期間のみ数えるべきだと思ったりする。
ずっと活動してないのに期間限定で復活したアーティストとかが何周年とか騒がれるのが微妙だから。
a happy new year.
2004/01/16 22:05
あけましておめでとです!

この頃の雰囲気かっこいいよなーと思って画像変えました。

けっこういろいろ忙しくて、BBSレスできなくてごめんさい汗。

それはそうと、今日は子供の誕生日だったりする。
1年なんて、もうあっという間だなぁなんて思った
。自分はなにか成長できただろうか?
もっと色々吸収しないとだめだね。。
挨拶
2003/12/26 20:11
今年は復活はしたものの、ほとんど顔出せなくてごめんなさいでした。。
来年はもう少し現れるようにします。

まぁ、、gravityは適当に自然に流れていこうと思いますw
<<前ページへ  次ページへ>>